着任のご挨拶

はじめに

このたび、院長として着任した戸谷祐樹と申します。戸谷整形外科医院は、地域の皆様のおかげで30年余りの長きにわたり、三原市の整形外科クリニックとして、微力ながら地域貢献を続けることができております。そして、平成の時代が終わり、新しい令和の時代が始まるこの年に、私が診療を引き継ぐことになりました。
理事長が長きにわたり培ってきたクリニックのサービスや皆様からの暖かい信頼やご支援を大切にして、「とだに整形外科」として、さらなる診療とサービスの質の向上に、一生懸命努めて参ります。まずは、こちらをご覧いただき少しでも親しみを持って受診していただければと思います。

整形外科医の役割

 誰にでも老いが訪れる中で、いかに健康でいられるかが、医療費を抑えるためにも重要なことだと思います。整形外科医は、運動器といわれる、人間が人間らしく、動いて活動するために重要な関節や筋肉などを担当する医者です。高齢化社会の加速する日本では、整形外科医は今まで以上に重要な役割があると思っております。

 老いてからも健康であり続けるためには、できるだけ若いうちから、「からだのメンテナンス」が大事です。関節、椎間板などに痛みや不具合がでずに、できるだけ長い間、健康で自立した生活が続けられるように、私は運動やスポーツで生じる障害の専門家として、地域の皆様のお役に立てればと思っております。 

診療で大事にしているもの

 わたくしは、不甲斐ながらサッカーでさまざまな怪我を経験し、自らが患者になり手術やリハビリを経験することで、どれだけ、患者さんが痛みや不便を強いられているかを学びました。その経験を大事に、患者さんの声を聞き、それに寄り添い、ひとりひとりにあった最善の治療をすることを心がけたいと思っています。

 医者になって20年、いろんな患者さんに出会い、さまざまな治療を行ってまいりました。いまだに、最善の治療とは何か、試行錯誤し日々勉強が必要であると感じております。患者さんに教えられることもいっぱいありました。

 その中で重要だと感じたことは、当たり前ですが、とにかく一人一人の患者さんのために、持てる知識と技術を総動員して、最善の医療を施すことを尽くすことです。また学会、セミナーに参加して最善の医療を身に付けるように日々努力をすることです。

 もうひとつ、とても大切なことがあります。それは、医者だけではなく、医療スタッフ、患者さん自身との綿密な連携です。患者さんと医療スタッフ、そして医者が三位一体となり、お互いに信頼し合うことが大事だと思っております。 

 クリニックのモットーである、”ともに幸せをハグくむ”はそういうわたくしの思いを込めています。まだまだ至らない部分があるかもしれませんが、わかりやすい、和やかな診療をすることを心がけますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

とだに整形外科
院長 戸谷 祐樹

PAGE TOP