痛みの根源、炎症血管をへらす治療

 炎症血管とは、慢性的な痛みを生じる肩こり、腱炎、関節症などに生じる異常な毛細血管のことをいいます。炎症を生じるときに、異常な毛細血管が新生し同時に痛みを伝える神経も一緒になって伸びてしまいます。一旦できた異常炎症血管や神経は消えることは、なかなかありません。

 そこで、この炎症血管にお薬を注入することで、痛みを減らす治療法が、炎症血管治療です。通常のヒアルロン酸注射や、ステロイド注射と作用機序が全く異なり、より原因の部分を治療をすることで、効果が高く、また持続性があることが特徴です。この血管治療は、重大な副作用が少なく、手技が比較的簡単なため、安全な治療として提供することが可能です。

 こちらの治療をご希望の方は、ホームページからご予約ください。保険診療とは認められていませんので、自費診療となります。治療内容に関する詳しい説明や治療費については、下記のリンクをご覧ください。

PAGE TOP