「長引く痛みを減らしたい」、「スポーツ復帰を早めたい」、「手術も入院もしたくない」などの要望に応える新しい治療法があります。PRP療法は、慢性的な関節炎、膝の痛み、スポーツなどにおける筋・腱付着部の炎症に対する新しい治療選択肢です。

再生医療は、誰もが生まれながらにして持っている「自然治癒力」を利用した治療法です。その中で、すでに実際の治療に使われているものにPRP(多血小板血漿)療法があります。

PRP(Platelet Rich Plasma)療法=多血小板血漿療法は、患者様ご自身の血液から抽出した「多血小板血漿(PRP)」を、実施部位に注射する再生医療です。

PRP(多血小板血漿)療法は、その名の通り、血小板が豊富に含まれた成分を用いた治療法で、 血小板の機能を活用した再生医療です。血小板には、血管が損傷したとき、固まって出血を止める働きがあります。また、種々の成長因子を放出する働きもあります 。PRP療法には、血小板から放出される成長因子等の成分により、 傷んだ組織の修復や関節炎の症状軽減を促進する効果が期待されます。
国内では、形成外科や歯科口腔外科領域での使用が中心でしたが、近年、整形外科領域においても注目を集めております。

PAGE TOP