スポーツによる障害、姿勢の変化、加齢による筋肉神経の癒着、牽引

当院ではハイドロリリース注射を積極的かつかなり専門的に行っています。注射はしたくないと思われる方もおられますが、当院では、病態を改善しない、痛み止め、湿布、物理療法は、行わないようにしています。スポーツ障害、慢性炎症、不良姿勢、骨格の変化などで、体はいろいろなところで癒着し、神経を圧迫したり牽引したりして痛みが出ています。手術以外の方法で、できるだけ、その病態を治せる方法が、ハイドロリリース注射です。当院ではわかりやすく注射とは言わず、液体で神経や筋肉の癒着をとるという意味で、「液性剥がし」と言っています。単なる今までの注射で効かなかった方や、他院で効果のない痛み止め、湿布を延々とお使いの方は、一度「液性剥がし」をお考えください。

PAGE TOP