エコーなら。
 血流評価で ”痛み” のポイントが見えます。
 軟骨や腱などの ”損傷部位” が見えます。
その場で、すぐに、簡単、痛くない。
 診断だけでなく、ハイドロリリースなどの注射の治療も。
安全に、確実に。

 当クリニックでは、大学病院レベルで導入されている解像度0.1mmの超高精細エコーによる診察をしています。通常のエコーでは見えにくかった、靭帯や腱などのレントゲンで写らない構造物をより精彩に描出することが可能です。部位によっては、MRIよりも高精細でMRIよりも安価かつ診察時に時間もかからずに検査できます。

 エコーの特徴は、①安全、②簡単 ③動画も描出できる、などがあげられますが、それらの特徴を生かして、当初考えられていた、検査診断という側面を大きく上回り、治療の領域までさまざまな変化を整形外科診療に起こしています。

 当院のエコーの特徴として、iSMIという微小血流評価機能を導入して流れの遅い血管の評価を行っていることにあります。これは、流速が遅い血管は炎症の存在を示すため、炎症に起因する ”痛みの画像化” をしていることを意味します。痛みを起こしている血管を評価することで、疼痛部位を限定でき、その後のリハビリや注射の治療につなげています。

 また、剪断波エラストグラフィーを導入し、筋損傷や靭帯損傷における組織の硬さを評価し、スポーツ復帰の時期やストレッチの効果を評価しています。

 診断のためだけではなく、治療面でも、ハイドロリリースやもやもや血管の治療、プロロテラピー、末梢神経リリース、神経ブロックなどの治療もエコーを用いて正確に行っています。さらに、バネ指、手根管症候群などでの手術の際でもエコーを用いて切開を小さくして手術の負担軽減に使用しています。

 大病院では、外来診察に時間がなく、敬遠されがちなエコーを、当クリニックでは、患者さんの利益と考え、しっかりと行っていきたいと思っています。

 エコーについては関連ページで詳しく説明させていただいております。ぜひ、リンクページをご覧ください。

PAGE TOP