再生医療(バイオセラピー)について

PRP注射 PFC-FD注射

「長引く痛みを減らしたい」 「スポーツ復帰を早めたい」 「生きがいの趣味やスポーツを続けたい」 「アンチエイジングがしたい」 などの要望に応える新しい治療法

このページの内容・目次

再生医療(バイオセラピー)って何?

 再生医療は、誰もが生まれながらにして持っている「自然治癒力」を利用した治療法です。その中で、すでに実際の治療に使われているものにPRP(多血小板血漿)療法があります。患者さんご自身の血液を採取後、血小板を濃縮した血液を抽出し患部に注入する方法で、血小板が放出する成長因子により、組織を修復または活性化させ、患部の治癒促進、炎症を抑える効果が期待できます。今までの保存療法とは全く違う機序の期待の治療法です。

整形外科における再生医療とは?

  整形外科における再生医療は、関節や筋腱靱帯、椎間板・半月板などの軟骨にいたるまで、さまざまな有効性が実証されてきており、世界的にも広く行われています。

 自分の血液をつかうため、安全で副作用が少ないのも特徴です。しかし、まだわかっていないことも多く、現在のところ日本では保険診療の対象治療にはなっていません。

 主な期待できる効果としては、①痛みの改善、②炎症の軽減、③組織の早期修復、④進行の抑制があります。慢性疾患で行っている治療効果が得られない方や、手術をさけるための手段またそれにかわる方法として、選択される方も多くなってきています。またスポーツ分野においても、損傷した半月板 や筋肉・腱・靱帯の修復やそのスピードを高める可能性もあります。治癒まで至らなくても、炎症を長期に渡って軽減し、進行を抑える目的で使用されたりもしています。

 当クリニックでは、治療目的や予算にあわせて、3種の再生医療の注射を選べるように導入しています。それぞれ効果や適応に差があり、関節内・筋腱靱帯・成長因子の量などを考えて使い分けます。

整形外科における再生医療の対象部位

今までの治療との違いは?

①過去

今までは大きく2つの治療法のみでした。
保存療法で、できるだけ手術を先延ばししますが、治療が奏功しないと、手術をしない限り、痛みを感じる時期が長く続きます。また、合併症などで手術ができない方は、治療の選択肢がなくなっていました。

②現在

現在、再生医療が、保存療法、手術療法に次ぐ、第3の治療として利用できるようになりました。自己治癒力を持つ血小板由来の成長因子や抗炎症因子を注入し、自己修復能力を活性化させ、炎症を抑えることを目的に行います。

③未来

今後、再生医療は病気のより早期から適応され、第1選択の治療として利用されるようになると予想しています。より早期から利用することにより、老化を遅らせ、損傷や炎症の発生を抑制することができるのではないかと考えられています。

再生医療をお勧めしたい方

①アスリートなど運動をしている方

1.大事な試合に間に合わせたい方
2.関節・筋腱靭帯のふる傷があり、思うようにパフォーマンスが上がらない方
3.オーバーユースで痛みが慢性化している方
4.半月板、筋肉、靭帯、腱が損傷し改善が見られない方
5.早期にスポーツに復帰したい方

②お仕事中を頑張っている方

1.歩行や階段に違和感を覚えるようになった方
2.慢性的な関節・半月板・軟骨・椎間板の痛みがある方
3.膝や肩、腱などを酷使される方
4.何回も通院治療できない方

③膝・肩などの関節痛で悩んでおられる方

1.保存治療(ヒアルロン酸注射など)を受けているが痛みがなかなか取れない方
2.根治の可能性がある治療法を試したい方
3.合併症や年齢、その他の問題で、人工関節や骨切り術の手術ができない方
4.人工物(人工関節やインプラント)を体に入れたくない方
5.生きがいになっている趣味やスポーツを続けたい方
6.家事や介護などの理由で長期入院はできない方
7.手術以外の方法を試したい方
8.新しい治療法を意欲的に試してみたい方

④アンチエイジングに興味がある方

1.関節や靭帯・腱・筋肉の抗炎症・再生医療を希望される方
2.老化を遅らせたい方

当院が再生医療にかける想い

①再生医療が盛んな海外(シンガポール)で診療した経験から、日本の新しい治療に対する保険適応の遅れを危惧し、保険診療の下ではどうしても治療できない難治症例を治したいという、強い想い
②自身もスポーツで怪我をして長期の離脱を強いられた苦い思いと、自らもPRP治療を受けてスポーツ復帰できた喜びを患者さんにも味わっていただきたいという想い
③新しい治療法を世に広め、臆することなく挑戦し、患者さんの生活のクオリティを上げたいという願い

関節症における再生医療の位置付け

グレードによって治療の適応を分けています。グレード1からグレード2が良い適応ですが、グレード3以上の方でも効果が見られることもあり、希望される方には治療を行っています。

再生医療の注射の種類

❇︎ PRP注射は近日中に開始予定です。現在のところPFC-FDのみ利用可能です。利用開始できるようになり次第ご連絡いたします。

①PRP注射

 PRP(Platelet-Rich Plasma)は多血小板血漿といい、成長因子や抗炎症性サイトカインを含んでいる血小板を濃縮して生成した血液のことをいいます。血小板は、出血や怪我をした場合に集まってきて「血を止める」作用が主体ですが、止血後の治癒過程に関してもはたらきを持っており、「組織の修復を促す成長因子を出す」「炎症を抑える」はたらきがあります。
 この血小板濃縮液を患部に注射して自然治癒力を高め、炎症を抑えて痛みを軽減させる効果とより早期の治癒が期待できる治療法です。

②PFC-FD注射

PFC-FD(Platelet-Derived Factor Concentrate Freeze Dry)は「血小板由来成長因子濃縮液の冷凍乾燥保存(フリーズドライ)」と訳されます。標準のPRP注射は血小板も含めて投与しますが、PFC-FDでは血液を精製工場に送ってフリーズドライ加工します。細胞成分を取り除き、血小板内の成長因子だけを取り出し、それを濃縮活性化させて投与します。細胞成分を含まないため、法律上は再生医療とは呼ばれず、サイトカイン療法と呼ばれ、通常のPRP注射よりも、成長因子の量は約2倍に増えています。痛みや炎症の改善は通常のPRPよりも高いと言われています。

③APS注射(次世代のPRP注射)

 APS(Autologous Protein Solution)とは、「自己タンパク質溶液」の略称で、PRPをさらに遠心分離・特殊加工することで、炎症を抑える働きをするタンパク質と、軟骨を守る成長因子を高濃度に抽出したものになります。次世代PRPとも呼ばれており、関節の痛みや炎症の軽減、軟骨の変性や破壊の抑制が期待できます。現在のところ変形性関節症が良い適応になっています。
 一般的に治療後2週間~3ヶ月までには効果が期待できることが多く、最大で約24ヶ月間、改善効果が続くとの報告もあり、他の方法と比べ、効果、持続期間共に高く見込まれるのが特徴です。

❇︎ 当院ではAPS注射は現在のところ行っておりません。ご了承ください。

❇︎ 現在のところ、クレジットカード及び電子マネーには対応しておりません。近日中に対応予定ですので、あらかじめご了承ください。

❇︎ PRP注射は近日中に開始予定です。現在のところPFC-FDのみ利用可能です。利用開始できるようになり次第ご連絡いたします。

❇︎ 保険診療で行う治療費については、別途費用が発生いたしますので、あらかじめご了承ください。

再生医療のメリットとデメリット

メリット

🔖 既存の治療で効果がない方でも治療効果が期待できます。
🔖 ご自身の血液を使用するため安全性が高いといえます。感染症やアレルギー反応といった副作用が起こりません。
🔖 何度でも受けることができます。
🔖 関節、筋、腱、骨など、大半の部位に適用可能です。

デメリット

🔖 治療効果・効果の持続期間には、体調や年齢によって左右され個人差があります。
🔖 自費診療となります。健康保険など医療制度上の保険で受けることができません。
🔖 採血部位・治療部位に皮下出血が起こる場合があります。
🔖 治療時に患部への注入には痛みを伴います。場合によっては、数日間は治療部位に腫れ・痛み・熱感が出ます。腫れは治療部位によっては1週間程度続くことがあります。
🔖 交感神経障害による複合性局所疼痛症候群 (CRPS)という慢性疼痛が起こることがあります。

再生医療が受けられない可能性の方

🔘 感染症(肝炎ウィルス、HIV感染者など)をお持ちの方
🔘 癌と診断され、あるいは治療を受けている方
🔘 活動性の炎症を有する方
🔘 一ヵ月以内に本治療を受けたことのある方
🔘 抗血小板薬、抗凝固剤を使用しているもしくは中止できない方
🔘 ステロイドを使用している
🔘 安静が保てない方
🔘 未成年で親の同意が得られない方
🔘 精神疾患のある方
🔘 重篤な合併症を有する方(以下例示)
 ✔︎一部の心疾患・肺疾患・肝疾患・腎疾患
 ✔︎出血傾向
 ✔︎コントロール不良な糖尿病や高血圧症 等
🔘 薬剤過敏症の既往歴を有する方
🔘 その他、担当医が不適当と判断した方

ご予約から治療の流れについて

治療の流れ

①受診のご予約

当院では安全でより良い再生医療をご提供するため、完全予約制となっています。電話またはオンライン予約にて、診察希望の日時をご連絡ください。予約状況を確認し、当院から診察日をご案内いたします。
再生医療担当医師の診察が必要ですので、ご予約・受診の際には必ず「再生医療あるいはPRPの診察を希望」とお伝えください。

②初診(診察・検査)

まず、症状の程度や病歴およびこれまでの治療経過も含めた問診をさせていただきます。
次に、レントゲン、MRI、エコー検査などの画像検査を、医師の判断のもと必要に応じて受けて頂きます。(MRIは持参していただいても結構です。また当院からオーダーする場合は近隣病院で検査を受けていただきますので、別日となります。)
診察の結果、当院での再生医療が適しているかどうかを判断させて頂き、一般血液検査を行います。
再生医療について、ご説明・ご理解して頂いた上で、実際のPRP治療日の予定をたてます。
同意書をお渡しいたしますので、治療日にご持参ください。
ここまでは、保険診療の範囲内となります。なお、採血検査の結果によっては、再生医療(PRP・PRP-FD)を受けられない場合があります。(再生医療が受けられない可能性の方を参照)

初診時に行う検査
治療には同意書が必要です

③治療用の採血

治療予定日にお越しいただき、体調等に問題なければ、ご自身の血液を採取いたします。
PRP注射の治療を選択された方は、当日投与治療に移ります。PFC-FD注射の治療を選択された方は、精製工場に血液を送り1〜3週間後に検体が戻り次第の投与治療となります。

④治療(再生医療の注射)

PRP注射の場合

 採血当日に当院の「細胞加工室」にて、採血した血液から専用のキットを用いて、遠心分離をかけたうえで、PRPを抽出します。その後、この抽出した液を患部にエコーガイド下に注射しま

❇︎ PRP注射は近日中に開始予定です。現在のところPFC-FDのみ利用可能です。利用開始できるようになり次第ご連絡いたします。

PFC-FD注射の場合

 精製工場にて濃縮活性化および無細胞化したうえで、フリーズドライ方式で加工された検体が、約1~3週間後に当院に返送されますので、それを解凍、溶解後に患部に、エコーガイド下に注射します。なお、1度の採血で最大2回あるいは2つの部位の治療を受けることができます。

⑤治療後の定期検診

 新しい再生治療ですが、まだ研究段階の分野であり、採血検体によっては効果に個人差もあり治療後の効果や安全性について確認させていただくことが必要です。

特に、PRPについては、厚生労働省への定期報告が義務付けされておりますので、治療後は、2週後・1ヶ月・3ヶ月・6ヶ月および1年後の定期診察をお願いしております。

治療後2週・1ヶ月・3ヶ月の診察は、オンラインで行うことができます。遠方の方、外出によるコロナウィルスによる感染を危惧される方は是非ご利用ください。利用の仕方はホームページもしくは、診察時にスタッフにお伺いください。

なお、治療後6か月と1年ではレントゲンとMRI検査を行いますので、対面での診察をお願いします。

治療のスケジュール

PRP注射の場合

PFC-FD注射の場合

❇︎ 上記のスケジュールはあくまで予定であり、注射投与後の再診、フォローアップはご都合により中断、キャンセルすることは可能ですのでお気軽にご検討ください。

❇︎ PRP注射は近日中に開始予定です。現在のところPFC-FDのみ利用可能です。利用開始できるようになり次第ご連絡いたします。

費用について

再生医療は、医療保険の適応外(自由診療)です。治療用の採血・投与日に薬の処方や検査などの保険診療はできませんので、予めご了承ください。

初診時費用(自由診療の場合):¥4,000(¥4,400 税込)

すでに診断がついており、検査等がお済みで、再生医療をご希望の方の場合。

( *初診時、変形性膝関節症の診断、検査を行う場合は保険診療となります。)

再生医療の適応があると判断された方で、PRP注射またはPFC-FD注射の費用

PRP注射:¥55,000(¥60,500 税込)

PFC-FD注射:¥150,000(¥165,000 税込)

現在のところ、クレジットカード及び電子マネーには対応しておりません。

PAGE TOP